美しい肌は永遠の憧れ・・・当サイトはそんな美肌美人を目指すアナタを応援する美容・エステの情報サイトです!!


素肌美人を目指す


 










蝶左


脂性肌

蝶右

なぜ脂性肌に?

男性ホルモン

男性ホルモンは皮脂腺にあるレセプターを刺激して皮脂の分泌量を増やす作用が
あります。よって、女性に比べて男性の皮脂分泌量が多いことがわかります。思春期
においては男女とも男性ホルモンの分泌が増えるため皮脂の分泌量が増えます。
この頃は皮脂の分泌量に比べ毛穴が完全には発達していないので、特に皮脂が
毛穴に詰まりやすくニキビができやすい原因となります。

洗顔

刺激性の強い成分が含まれている洗顔料を使ってのゴシゴシ洗いは皮脂膜はもと
より、角質層も傷め、バリア機能の低下を招きまいてしまいます。そこで皮膚の
再生機能が働き、皮脂分泌を過剰に分泌してしまうことがあります。

食事

皮脂腺から分泌される皮脂の原料となるのは、食事で摂取するものです。脂肪分の
多い肉や揚げ物、そして糖分の多いクッキーやケーキなどは体内で中性脂肪に作り
かえられるため皮脂の原料となり、過剰な摂取は皮脂の分泌量を増やしてしまう
結果を招きます。

気温上昇など

気温が上昇すると血液の循環がよくなり皮脂腺の働きが活発になり、皮脂分泌が
多くなります。ストレスや寝不足なども、皮脂分泌を促進するので注が必要です。

脂性肌の予防

食事

脂性肌の人に必要な栄養素は、ビタミンAとビタミンB2(魚類)です。よく脂性肌の
人は油分をひかえた食事がベストだと言われていますが、油をまったくとっては
いけませんというわけではありません。過剰な摂取は控えたほうが良いと言うこと。
ビタミンAが多く含まれている緑黄色野菜をサラダで食べる時は、油(ドレッシング
オリーブオイル)と絡めて食べることにより吸収がアップします。また脂肪分の多い
お 肉を食べるときも食物繊維が含まれている豆類、芋類と一緒に食べることにより
胃の中に入った食物繊維に油がからみ、便となって体外に油を排出してくれます。
バランスをとった食事を心がけましょう。

生活習慣

寝不足やストレスによる影響でホルモンバランスがくずれると、皮脂分泌が過剰に
なってしまう原因となりますので、規則正しい生活習慣を心がけましょう。



脂性肌のスキンケア方法

化粧品など

化粧水は、さっぱりタイプ使用するのがおすすめです。
紫外線予防のスキンケアは、紫外線散乱剤使用のものを使用し、ファンデーションは
パウダー(粉のおしろい)・パウダリーファンデーションを使用して下さい。

クレンジング

クレンジングはメイクをするしないにかかわらず、毎晩かかさずにしてください。
朝起きて脂うきがしている日は、朝もクレンジングします。
この際に使用するクレンジングは、クリームタイプ・乳液タイプ・オイルタイプ
ジェルタイプのものがおすすめです。

洗顔方法

洗顔をするときは弱アルカリタイプまたはさっぱりタイプをよく泡立てて、Tゾーン
(額・鼻・アゴ)は指先で丁寧に洗い、Uゾーン(頬・口のまわり)、目元は泡をころがす
ようにして指でこすらないように洗います。



Favorite

 















Copyright (C) 2008 素肌美人を目指す  All Rights Reserved